ア​ク​セ​ス​マ​ッ​プ​

----------------------------------
施工エリア
船橋市、市川市、鎌ヶ谷市、習志野市、八千代市、千葉市西部、松戸市、浦安市、我孫子市、江戸川区

アフターメンテナンスにも迅速に対応できるよう車で1時間以内を基本としています。

その他の地域につきましてもできる限り対応させていただきます。お気軽にご相談ください。
--------------------------
--------

504845
 

基礎工事〜完成まで

   
こちらでは、お打ち合わせから邸宅が完成するまでの流れをご紹介しております。
 
 

基礎工事

基礎工事
 
建物の下の地盤全体に鉄筋を配筋し、コンクリートを流し込むベタ基礎工法を採用。

床下にもぐって作業できるよう、風が通るよう床下全体がつながっており、十分な高さを確保しています。

※基礎配筋完了時に専門検査員による検査あり
 

墨付け、刻み

墨付け、刻み
 
基礎工事と並行して作業場では図面をもとに墨付け、刻みを行います。

現場棟梁を中心として若手大工とチームを組み、ひとつひとつ手作業で行います。
 

上棟

上棟
 
 
「棟上げ」ともいい、棟木を上げるときに行われる祭事のこと。
図面が立体化される瞬間です。
 

登り梁

登り梁
 
屋根を支える役割をする傾斜のついた梁のことです。大きな空間をつくるために「渡りあご」で取り付けます。
 

野地厚板

野地厚板
 

梁の上に厚さ30ミリの杉野地厚板を張ります。通常ですとこのあと天井板を張って野地板は見えなくなってしまいますが、弊社では野地板をそのまま表したものを仕上げとすることにこだわっています。また下向き作業なので大変効率よく作業が進みます。

 

耐震補強構法

耐震補強構法
 
筋かい、ラス下地を斜めに張ることにより、耐震強度のアップを図ります。

*専門検査員による2回目の検査あり


 

断熱工事

断熱工事
 
建物全体を断熱材で包み込む外張り断熱。断熱材はネオマフォームを採用。
外張り断熱は壁内の結露対策を施しやすく省エネの為の良好な温熱環境をつくり、木構造を長持ちさせることが出来るというメリットがあります。
「外張り」にこだわらず、ご予算に応じた施工法をご提案いたします。
 
 

左官工事

左官工事
 

内も外も左官仕上げが基本です。

内は漆喰、外はモノプラル。どちらも生灰石を主成分としているのでたとえ解体したとしても土にかえり地球を汚しません。

塗り壁の欠点であるひび割れ(クラック)対策として左官下地のラスモルタルを塗る際にファイバーメッシュを伏せこんでいます。

 

床張り工事

床張り工事
 
家の雰囲気やご要望などにより決定します。一枚一枚 色を見て調整しながら張っていきます。
 

家具工事

家具工事
 
大工がつくるオリジナル家具。収納したいものがどのようなものでどのくらいの大きさを必要とするのか。また手持ちの家具や冷蔵庫などの大きさに合わせてつくるので、隙間なく収まります。使い勝手重視の「あったらいいな」をカタチにします。

 
 
 
AVボード
 
洗面化粧台
 
 
キッチン背面収納
 
下駄箱、拭き漆仕上げの腰掛ベンチ
 
ウォールナットのテーブル
 

床オイル塗布

床オイル塗布
 
家づくりの最終工程は「メンテナンスを楽しみ愛着を持って永く住み続けてほしい」という願いをこめて床オイルはお施主様とスタッフで仕上げることにしています。

 

外構工事

外構工事
 

完成した建物がより引き立つような外構をご提案いたします。

   
<<株式会社 持井工務店>> 〒274-0817 千葉県船橋市高根町1488 TEL:047-439-1678 FAX:047-439-1679