ア​ク​セ​ス​マ​ッ​プ​

----------------------------------
施工エリア
船橋市、市川市、鎌ヶ谷市、習志野市、八千代市、千葉市、松戸市、浦安市、我孫子市、柏市、白井市、江戸川区

アフターメンテナンスにも迅速に対応できるよう車で1時間程度を基本としています。

その他の地域につきましてもできる限り対応させていただきます。お気軽にご相談ください。
--------------------------
--------

518120
 

住まい手の声

 
 
市川市N様 2008年6月竣工

家づくりを始めるきっかけ 〜 持井工務店との出会い
 マンションで犬を飼っていて、いつもまわりに気をつかう毎日でした。「だれにも遠慮しないで家族みんなでノビノビと暮らしたい」という気持ちが強くなり、一戸建てを考えるようになりました。わたしたちは夫婦と犬の3人家族。犬も大切な家族です。
 はじめて参加した見学会で、家づくりが大好きな社長と、親切に説明してくれるスタッフの皆さんに会いました。とても楽しそうに家の話をしてくれました。「なんだか、おもしろい人たちだなぁ」 これが持井工務店との出会いでした。
 
持井工務店に決めるまで
 それから何回か見学会に参加しました。どの家も住み心地がよさそうでした。「持井工務店のスタンダード」の良さも分かってきました。(木組み、耐震補強構造、外張り断熱、二重通気工法、野地板表しの天井、チークの床、青ヒバ張りの洗面所と浴室、外壁のモノプラル、内壁の漆喰・ビードライ、床暖房 などなど)
 でも、どうしても決められず、他の工務店にもプランニングと見積もりをしてもらいました。もちろん、その会社の家も見学しました。無垢の木材を使ったモダンな家。家具みたいな部屋。建築家のようにおしゃれな家でしたが、どこかもの足りない。どうにもしっくり来ないのです。結局その会社はお断りしました。
 木材や自然素材にこだわるとひとくちに言っても、実際の家は会社によって違います。他の会社も経験したことで、最終的に、持井工務店にお願いする決断ができました。
家は一日中すごす大切な場所。しかもきわめて高額な買い物でもあります。最後は、理屈ではなく「居心地の良さ」という皮膚感覚を頼りにするしかないと思います。
 
持井工務店との家づくり
 持井工務店は基本的に一人のスタッフがずっと担当してくれます。(プレゼン→打合せ→契約→施工管理→引渡し) わたしたちのこだわりや家への思いを一番理解している人が、最後までずっと面倒をみてくれるのです。だから、安心してお願いすることができました。
 事務所は施工写真集やサンプル・資料が豊富にあって、あいまいなイメージを具体的なカタチにすることができました。提案してもらったプランは「融通性のあるプランで、しかも特殊なものではなく、無理も無駄もない合理的であたりまえのプラン」でした。まさにわたしたち家族にピッタリ。持井工務店にお願いして良かった!と思いました。
 
こだわったこと
 いろいろとわがままなお願いをしましたが、しっかりと受け止めてもらいました。「持井工務店のスタンダード」ではなくても柔軟に対応してくれますし、ダメなことはプロとして理由をきちんと説明してくれます(でも、たいていのことは実現してもらいましたけど)。
 
[人にも犬にも快適な家]
・床はサワラという柔らかい樹種に。犬の足腰に負担をかけない配慮です。
[ひとつ屋根の下の、ひとつの空間]
・吹き抜け(音も気配もゆるやかに伝わって、家中の空気がひとつになる)
[日当たり]
・日当たりのいい明るい家。南側に庭もほしい。
[キッチン]
・持井工務店の手作りがいい(システムキッチンはわが家には過剰な設備です)
[掃除のしやすさ]
・内壁やドアは必要最小限に。ドアはすべて引き戸(掃除のジャマにならないように)
・置き浴槽(掃除のとき動かせる。システムバスは掃除できないところが多すぎる)
[その他]
・浴室のガラス壁+ガラス戸 ・明るすぎない照明計画(船舶照明、店舗用照明など) ・コンセントの増設 ・木製サッシ(キマド) ・輸入製品(水栓金具、食洗機、ガスコンロ、洗濯機、イタリアや中国の輸入タイル) ・人口大理石の手作り洗面台  などなど
 
工事がはじまって
 現場は頻繁に行きました。朝晩は通勤途中に遠回りして立ち寄り、昼間に会社をサボって行ったこともあります(その熱意と労力の半分でも仕事にまわしたら、給料がもっとあがるのにね、と妻にからかわれていました)。
 持井工務店は太くて立派な木材を使います。柱や梁は壁で隠すのがもったいないくらいにきれいです。(近所に他社の現場もありましたが、そこは細い集成材だったのでビックリしました。あれに構造用合板を打ちつけて構造は完成みたいです。ほんとに大丈夫か?)
 工事中は近所にも注目されていたみたいで、「こんな立派な木の家は今どき珍しい」とか、中には「上がって見せてもらいたい」と言ってくる人もいました(丁重にお断りしましたけど)。今でも「あの立派な木の家」とか言われます。(単純にウレシイです)
 
住んでみて
 皆さんおっしゃることですが、住み心地が良くとても快適です。これは実際に住んでみないと理解してもらえないかもしれません(残念です)。
・通風が良く、風がスーっと抜けていく。まさに「木陰のような家」。
・ドレーキップ窓はスグレモノです。換気の性能が段違い。風がどんどん抜けていきます。
・エアコンは2台で十分。夏も無事にすごせました。
・床暖房は体の芯からジンワリと温まります。これはいいですね。
・窓の場所が絶妙。リビング・ダイニングが明るい。床が白木(サワラ)でさらに明るい。
・吹き抜けのおかげで、2階にいてもさみしくない。1階と普通に会話ができる。
・いい植木屋さんを紹介してもらいました。庭いじりが楽しい。野菜も育てています。
などなど
 
持井工務店って...
 持井工務店は木材へのこだわりがハンパではありません。作業場はいろいろな木材がストックされていて圧巻です。わが家もいろいろな樹種が使われていて、まるで「森のような家」です。「木材の経年変化を楽しむ」という考え方も持井工務店から教わりました。これからが楽しみです。
 大工さんは3人チームでいつもコツコツと作業してくれました。大工さんも社員なので、我が家担当のスタッフとの意思疎通もバッチリ。安心して工事をお任せできました。完成したときに、棟梁から「家は人が住むことによって完成するものだと考えています。これからじっくりと育てていってください」とうれしい言葉をいただきました。
 このような持井工務店の家に住むことができるのは、とても幸せなことだと改めて感じています。どうもありがとうございました。これからも末永くよろしくお願いします。
 
最後に好きな言葉をふたつ。
 「古びたときに美しさを増す素材に囲まれて暮らす豊かさを言葉で語り尽くすのはむずかしい。自然素材は、その効能を声高に言い立てなくとも、ただそれだけで「いいもの」であることを、頭からではなく皮膚感覚として感じるべきものだと思う。」(中村好文)
 
「小さな物語がいくつも集まって家をつくっていく。物語が多ければ多いほど、いい家、豊かな家になっていく。」(こちらも中村好文)
<<株式会社 持井工務店>> 〒274-0817 千葉県船橋市高根町1488 TEL:047-439-1678 FAX:047-439-1679