ア​ク​セ​ス​マ​ッ​プ​

----------------------------------
施工エリア
船橋市、市川市、鎌ヶ谷市、習志野市、八千代市、千葉市、松戸市、浦安市、我孫子市、柏市、白井市、江戸川区

アフターメンテナンスにも迅速に対応できるよう車で1時間程度を基本としています。

その他の地域につきましてもできる限り対応させていただきます。お気軽にご相談ください。
--------------------------
--------

518120
 

住まい手の声

 
 
船橋市KN様 2007年9月竣工

持井工務店に出会うまで
私が両親と同居する為の家造りを考えたのは、2001年頃です。インターネットで住宅メーカーのHPを見て住宅展示場に行き、丈夫で良いからと集成材のよさを薦められ疑問に思い、本を読みまた考え、工務店に依頼し自然素材を使った木造建築の家を建てたいと思いました。ただそれは主流ではないのかもしれないと、贅沢なことなのかもしれないとも思いました。
 
そんな時に私の希望通りの家を建てる工務店のHPにたどり着きました。それが持井工務店でした。こんな近くの地元に工務店があるならば、是非行ってこの目で見て確認したいと思いました。派手な宣伝をする訳ではなく現在建築中の家が見学場所であるならば今まで見た家で感じた疑問が解消されるのではないかと思いました。持井社長と会い、その職人気質の素朴な人柄、また私の質問に快く答えてくれたスタッフの皆さんに大切な家造りを依頼したいと思いました。2006年6月のことでした。私が紆余曲折しながら家造りを考えてから5年の月日が過ぎていました。その後、何度も家族で見学会に参加し質問をし、空気が澄んでいることの心地よさを何度も感じ、自分の家のイメージを膨らませ、具体的に設計の依頼をしました。
 
設計にあたって
 自然素材の材料でいい家を建ててもらえることはわかっていました。その上で、特に母の部屋はわがままをお願いしました。気兼ねをしないですむように、ミニキッチン・トイレ・洗面所・クローゼットをお願いしました。開放的な部屋でのんびり過ごしてほしい、家族揃う時は、一緒にリビングダイニングで笑顔でいてほしい。母が元気で笑顔でいてくれることが、私たちの願いでした。結果的に母の部屋が一番立派な部屋になったと思います。妻が動きやすいように一階の動線を廊下でつなぐ直線にしました。このことは一階にいるときの家族の動きもよくわかりよかったと思います。また、娘がお風呂に入っている時に、他の家族が洗面所を使えないことがないように、お風呂・脱衣所と洗面所を分けました。これで妻はいつでも洗濯ができると喜びました。各部屋の収納も最初は少ないかと思いましたが、出来あがってみると予想以上に多く、特に玄関は靴の収納以外にゴルフバッグやコートかけも作っていただきました。設計の段階よりも出来上がってからの満足感はひとしおでした。
 
家造りが始まって
 基礎の作業からしてご近所の方たちもその丁寧さにとても驚かれていました。私たちは毎日行けないのでその都度に持井工務店の仕事ぶりを聞いて感心しきりでした。耐震補強のための下地板の斜め張り、外張り断熱の作業、外も内も左官工事という職人の皆さんの丁寧な仕事は見えないところにも手を抜かない持井工務店の職人の真髄だと思いました。夏の暑い時期でしたが、家に入ると木のいい香りと爽やかな風を感じました。床の間の下の引き出しには、母の婚礼ダンスの引き出しの取っ手をつけていただきました。母の思い出のタンスはなくなりましたが、その一部はこの家でも使われています。
  床のオイル塗布は、素人がして仕上がりがどうかと思いましたが、意外なほどいい仕上がりでした。このことは家を大切にしなければならないという思いを、また強くすることになりました。
 
住みはじめてみて
 4ヶ月が過ぎました。外は霜柱が立っていても、家の中は靴下を履いていて丁度良い暖かさです。これは外断熱・床暖房・ペアガラスによるものだと日々実感しています。夜の寝つきのよさ、天井を見上げて感じる朝の目覚めのよさ・・・。今あたり前に思うこの快適な感覚はこの先もずっと続いていくであろう私たちの幸せです。
時々聞こえる木の割れる音にも慣れました。木は生きています。私たちと一緒に。だから、この家を家族と一緒に次の世代まで大切にしていきたいと思います。これからも続いていくであろう持井工務店との関わりとともに。
<<株式会社 持井工務店>> 〒274-0817 千葉県船橋市高根町1488 TEL:047-439-1678 FAX:047-439-1679